このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

人材マネジメント方針

Aiming to “Be the Best, Be the One”

住友商事グループが変化の時代を勝ち抜き、持続的に成長していく上で、グローバル展開に対応する人材の採用・育成・活躍推進は最重要テーマです。

そこで、当社グループでは、全社を挙げた新入社員の指導・育成、「経営理念」の源流である「住友の事業精神」の浸透、ローテーションを中心としたOJTと事業特性に応じたOFF-JTの組み合わせによる人材育成に継続的に取り組みながら、多様な人材の活躍を推進しています。

中期経営計画「Be the Best, Be the One 2017」 においては、「個」の成長をグローバルベースで強化するために、人材育成の強化とスピードアップを狙いとした新たな人事制度を2016年4月より導入し、引き続き育成制度の拡充を図るとともに、中長期戦略に則した人材配置を進めています。

事業戦略と一体化した、人材リソース配分の推進

中長期および個別重点施策の観点から経営資源の一つである人材リソース配分を推進

人材の育成は一朝一夕になしえるものではないため、中長期的なスパンでそれぞれのビジネスの成長を捉え、必要な人員の育成・活用を考えていく必要があります。従って、各事業部門においては、それぞれの事業戦略に基づき、おのおのの今後10年を見据えての採用およびローテーション計画の策定を推進していきます。

各事業部門における人材マネジメントの一方、全社的人事施策として、各事業部門の個別重点施策遂行のために必要な人員を確保するとともに、限られたリソースである人材の中長期的な観点からの適正配置のため、部門間異動を遂行しています。この部門間異動には、人材育成を目的とするローテーションも含まれています。

こうした戦略的人員配置を今後もブラッシュアップし続け、全社的に人材力の強化を図っていきます。

ページの先頭へ