このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

住友商事グループならではの事業活動

変化を先取りし、既存の枠組みを越えて、社会的課題を解決し、新たな価値を創造する。

住友商事グループはさまざまな産業分野において、資源開発や製造事業などの川上分野から流通事業などの川中分野、そして小売り・サービス業などの川下分野まで事業領域を拡大し、バリューチェーンを構築してきました。

一方で、産業構造の変化や、経済成長が先進国から新興国にシフトする、いわば「地軸の変化」など、世界規模でパラダイムシフトが進行しています。そうした環境変化の中で、住友商事グループに求められているのは、社会的課題からニーズを見つけ、既存の枠組みを越えて解決策を提供する力です。

変化を先取りし、既存の枠組みを越えて社会的課題を解決し、新たな価値を創造する――これが住友商事グループならではの事業活動といえます。当社グループには、社会に役立ち、社会に貢献するDNAが脈々と受け継がれています。私たちは、これからも、健全な事業活動を通じて社会に貢献していきます。

REPORT 01 領域を広げる

カナダ発・世界を目指す鉱山機械ビジネス

世界的な資源獲得競争の流れを受け、活況を呈する鉱山開発。その生産性向上のカギを握る、商社本来の販売代理機能を深化させた鉱山機械の販売・アフターサービス事業についてご紹介します。

REPORT 02 新基軸を打ち出す

インドネシアを支える「発電所リース」プロジェクト

電力不足が深刻化しているインドネシア。その経済発展を支える、住友商事が取り組む2640メガワットの基幹発電所プロジェクトについてご紹介します。

REPORT 03 日本流を世界へ

“農協型サービス”をルーマニアから広げる農業ビジネス

国土面積の約6割を農地が占めるルーマニア。しかし、単位面積当たりの収穫量は農薬、肥料の低利用と機械化の遅れでフランスの3分の1にすぎません。そこに、住友商事が持ち込んだ新たなサービスについてご紹介します。

REPORT 04 生活を支える

消費行動の流れを取り込むリテイルビジネス

インターネットや携帯電話の普及がコミュニケーションと情報入手の手段を変え、消費形態は多様化しています。 消費者の多様なライフスタイルに対応し、新たな価値を生み出し続ける消費者向けビジネスについてご紹介します。

ページの先頭へ