このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

新聞広告(2017年度)

未来設計図

(広告掲載文)

ビジネスを創るだけじゃない。
暮らしの歓びまで創るんだ。

新しい出会い、新しい体験、新しい人生。
未来に向かって、私たちの暮らしは変わっていく。
明日の私たちはどんな幸せを手にできるのだろう。

だから、住友商事は今日も考える。
世界の人々の暮らしのために、今日できることは何なのか。
どんな歓びを届けることができるのだろうか。
幸せな「未来設計図」のために、そして
新たな暮らしの歓びのために、今日も想いを巡らせ進んでいく。

400年にわたる住友の歴史の中で、大切にしている精神のひとつ、
「自利利他公私一如(じりりたこうしいちにょ)」。
自らの利益だけでなく、社会の利益も考え、
使命感を持って仕事に取り組む、という先人の教え。

私たちは思う。ビジネスが生み出す本当の価値とは、
人々がワクワクする日々そのものなのだと。
私たちは目指していく。
人々の暮らしにもっともっと寄り添える、
住友商事グループを。

世界が待ってる幸せを。

(広告掲載文)

目の前の課題を解決する。
でもそれだけじゃ、だめなんだ。

今、世界が抱えているたくさんの課題。
新しい技術やアイデアで、解決していかなくてはならない。
でも、本当に大切なのは、その解決の先の未来に人々の幸せがあるか。

だから、住友商事は今日も考える。
未来のためにできることは何なのか。何から始めるべきなのか。
世界中に生きる人々の
幸せな「未来設計図」を描きながら、
一人ひとりが一歩一歩、前に向かって進んでいく。

400年にわたる住友の歴史の中で、大切にしている精神のひとつ、
自利利他公私一如(じりりたこうしいちにょ)。
自らの利益だけでなく、社会の利益も考え、
使命感を持って仕事に取り組む、という先人の教え。

私たちはずっと思い続けている。
人を幸せにできないビジネスは、長くは続かないと。
私たちは信じている。
人々の幸せを思い描く想像力こそが、
未来の社会を実現するのだと。

世界が待ってる幸せを。

ページの先頭へ