このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

社長メッセージ

代表取締役社長の中村邦晴でございます。

住友商事は、2019年度に創立100周年を迎えます。この大きな節目を迎えるにあたり、住友商事グループの中長期ビジョンとして、「創立100周年に向けて目指す姿」(「目指す姿」)を掲げています。 住友商事グループが、さらに50年、100年、そして永遠に、安定的・継続的に成長していくための強固な礎を、しっかりと築き上げていきます。

「目指す姿」のスローガンは、"Be the Best, Be the One"です。この言葉には、あらゆる面でベストな会社となり、かけがえのない存在として、広く社会に認められる企業グループを目指したい、という思いを込めています。

私どもに今も脈々と受け継がれております「住友の事業精神」を表すものとして、「自利利他公私一如(じりりたこうしいちにょ)」という言葉があります。「住友の事業は、住友自身を利するとともに、国家を利し、社会を利するほどの事業でなければならない」という意味です。こうした事業精神をDNAとして、「住友商事グループらしい」やり方で、「住友商事グループならでは」の価値を創造していくことで、お客さまやパートナー、地域社会などあらゆるステークホルダーに「さすが住友商事グループ」と認められる企業グループを目指していきます。

昨年度よりスタートした中期経営計画「Be the Best, Be the One 2017」(BBBO2017)では、「目指す姿の実現に道筋をつける」ことをテーマとして取り組んでいます。課題と正面から向き合い、経営改革を着実に実行するとともに、成長戦略を推進し、より強固な収益基盤を構築していきます。グループ一丸となって、速やかに成長軌道への回復を図り、「目指す姿」の実現に向けてまい進していく所存です。

引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

代表取締役社長

  中村邦晴

2016年5月

ページの先頭へ