このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

環境・インフラ事業部門

取扱分野

  • 電力・上下水道などの社会インフラビジネス
  • 太陽光発電・風力発電等の再生可能エネルギー関連ビジネス
  • 次世代電池、リサイクルなどの環境関連ビジネス
  • 工業設備などの産業インフラビジネス
  • 物流・保険・海外工業団地関連ビジネス

事業概要

環境・インフラ事業部門は、「基幹インフラの高度化を通じ、社会に貢献する機能集団」を目指し、電力事業(再生可能エネルギー発電を含む)、水事業、プラントEPC(※1)、プラント機械・設備、次世代電池、物流保険などの幅広い分野における強みを融合し、各種インフラビジネスに取り組んでいます。

環境・インフラプロジェクト分野では、国内外における風力・太陽光を中心とした再生可能エネルギー発電事業、国内での電力小売事業の他、水事業に注力しています。

電力インフラ分野では、海外における大規模なI(W)PP(※2)事業及び電力EPCビジネスに取り組んでいる他、蓄電池を利用した新たなビジネスを手掛けています。

物流・保険分野では、輸送・通関・配送などの物流サービスに加え、各種保険手配、海外工業団地の開発・運営を行っています。

  • ※1EPC:工事込みプラント建設請負形態
  • ※2I(W)PP:独立発電(造水)事業者

組織図

環境・インフラ事業部門

兵頭 誠之 事業部門長

  • 環境・インフラ業務部
  • 環境・インフラプロジェクト事業本部
    • 国内機電事業部
    • 国内環境エネルギー事業部
    • 海外環境エネルギー事業部
    • 水インフラ事業部
    • インフラ・プラントプロジェクト部
  • 電力インフラ事業本部
    • 電力事業第一部
    • 電力事業第二部
    • 電力事業第三部
    • 電力EPC第一部
    • 電力EPC第二部
  • 物流保険事業本部

ページの先頭へ