このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

ロジスティクスを通じて、社会に新たな価値を創造する

2014年11月掲載

住商グローバル・ロジスティクス航空写真

付加価値の高い総合物流サービスを展開

住友商事グループの一員である住商グローバル・ロジスティクスは、総合商社系の物流会社ならではの「情報力」とグローバルな「ネットワーク力」、住友ブランドが持つ「信用力」を強みとして、2006年の設立以来、競争力のある高品質な総合ロジスティクス・サービスを展開してきました。

住商グローバル・ロジスティクスの事業は大きく4つあり、(1)物流の手配、管理を担う「ロジスティクス・サービス」、(2)国内の物流センターを運営する「センター事業」、(3)海外への設備などの一貫輸送を行う「国際物流事業」、(4)液体を輸送する独自の輸送容器マキシコンのレンタルサービスを提供する「物流機器事業」に分かれています。いずれの事業でも、住友商事グループの幅広い事業分野の物流を担う中で蓄積してきたノウハウをもとに、付加価値の高い物流サービスを提供しています。

ロジスティクス・サービスの事業では、住友商事および住友商事グループ会社の取り扱うさまざまな商品、多様な商流、全世界にまたがる輸出入の手続きや国際輸送などを手配、管理しています。総合商社系物流会社ならではのノウハウを駆使して、最適な輸送ルートの選定、貿易手続き、海上・航空輸送の手配、さらにはコンプライアンスの観点からの水際確認などの管理けん制機能を提供しています。荷主、輸出入者、物流業者、最終需要者といったさまざまな視点に立ち、正確かつ迅速に物流の手配を行うエキスパート集団として、グループにまたがるロジスティクスを支えています。

最適なサプライチェーン構築の機能を世界中で発揮している住商グローバル・ロジスティクス

一般消費者や店舗へ確実に商品を届ける

センター事業では、全国各所で物流センターを運営し、BtoC、BtoBのいずれにも対応する物流サービスを展開しています。一般消費者に商品を届けるBtoCの分野の中心となっているのが、千葉県習志野市の茜浜センターです。ここでは大手通信販売会社の入荷、仕分けや流通加工などの物流センター業務を担い、そのノウハウを生かした品質の高いサービスをさまざまな会社に提供しています。

他の物流センターでは、アパレル、雑貨などの店舗向け商品や、通信インフラ用の資材など、BtoBのセンター事業も幅広く展開しています。また、冷凍、冷蔵、常温の三温度帯に対応したセンターを24時間365日体制で運営し、温度管理、衛生管理などの専門性が求められる食品分野にも精通しています。

茜浜センターでは、1万種類以上の商品を、1カ月延べ100万人以上に発送しています

海上、航空、陸上を統合した「国際複合一貫輸送」を提供

国際物流事業の分野では、自社で船舶を保有せずに国際物流サービスを提供するNVOCC(Non-Vessel Operating Common Carrier=非船舶運航業者)と呼ばれるスタイルでビジネスを行っています。米州、欧州、アジア地域を中心とした輸出入や三国間貿易において、海上、航空、陸上を統合、最適化して輸送ルートをプランニングし、提供しています。

この分野で住商グローバル・ロジスティクスの力が、とりわけ大きく発揮されているのが、企業の海外進出に伴うプラント、製造設備や生産用部材、製品輸送のワンストップサービスです。住友商事グループの国内外ネットワークとの連携を通して、引き取りから梱包、船積みや通関、小口納品などに一貫して対応し、さらには事前に進出国独特の通関・物流事情を考慮した対策を提案するなど、ストレスフリーな物流を実現しています。

ベンダー・マネージド・インベントリー(VMI)もまた、商社系物流会社に特徴的なサービスの一つです。顧客企業の工場の近くに倉庫を構え、必要な時に必要な部品を供給するのがVMIの手法で、これによって顧客が抱える在庫リスクを低減することが可能になります。

貨物の大きさや仕様に応じた輸送方法を、きめ細かく提案しています

液体輸送のパイオニア

物流機器事業のコア分野は、パレットサイズの折り畳み式液体輸送コンテナ、マキシコンのレンタルサービス事業です。これは、1.1メートル四方の折り畳み可能な容器を顧客企業に貸し出し、液体輸送に役立ててもらうというもの。容器の中に内袋を入れ、そこに液体を注入する仕組みになっています。多品種少量生産や季節性のある商品、新商品の市場投入時期に使用可能な利便性の高い容器として、食品、化粧品分野を中心に多くの企業が利用しています。

顧客企業の信頼を勝ち得ている理由は、原料から製品各過程での輸送、保管手段としての高い経済性、コンテナの洗浄やメンテナスなどの品質管理のレベルの高さ、輸送する液体の特性に合わせた機能が充実しているところにあります。

マキシコンに加えて、利便性・軽量化を追求した樹脂製マキシコンや、少量輸送にも対応可能な樹脂製ドラムの投入も進めており、液体輸送のソリューション・プロバイダーとしてサービスを拡大しています。

1トンサイズのマキシコンは、作業員1人でも簡単に組み立て可能

物流は現代社会に欠かすことのできないインフラ

物流事業は単に、ある地点から別の地点へものを移動させるだけのビジネスではありません。それぞれの顧客のニーズに応じて最適な輸送方法や輸送ルートを構築できる「想像力」と、その輸送プランを確実に実現させる「創造力」が必要とされる事業です。この仕事を担う一人ひとりにも、豊かな想像力と創造力が求められます。
 
物流は、現代社会に欠かすことのできないインフラであり、人々の生活、商業、産業を根底から支えているといえます。物流に求められるサービスの質とスピードを向上させながら、従来の枠にとらわれない領域へのチャレンジを続け、社会活動、経済活動を力強く支えていくこと。さらには、住友商事グループの総合力を生かして、社会に新たな価値を提供する役割を今後も担っていくこと。それが住商グローバル・ロジスティクスの目標です。

関連タグ

  • 環境・インフラ事業部門
  • 日本・中国・タイ・インドネシア・ドイツ・米国など
  • 輸送機・運輸

最近よく見られている事業紹介

ページの先頭へ