このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

オンリーワンブランドで、お客さまのライフスタイルにHAPPINESSを

2017年4月更新

特長ある2つのブランドでさらなるシナジーを

2012年、当社は事業会社のナラ カミーチェとモンリーブを統合し、住商ブランドマネジメントを設立しました。

同社はイタリア発のシャツやブラウス専門ブランドのナラ カミーチェと、ドイツ発のフェイラーというライフスタイルブランドを展開しています。

両ブランドは共にヨーロッパの感性、技術、伝統に裏付けられた上質なブランドです。アイテムは異なりますが、いつまでもその価値を失わない「本物」のモノづくりにこだわり、品質を追求し、お客さまの感性に訴える独自のライフスタイルを提案し続ける姿勢は共通しています。

2社の統合により、物流機能やシステム、ノウハウの共有が進み、より質の高い顧客サービスや経営基盤の強化を実現。それを基に第3・第4のブランド、さらには世界の一流ブランドにとっての日本におけるベストパートナーにとなることを目指しています。

シュニール織の美しい色柄が特長のフェイラー

ナラ カミーチェでより美しく、よりスマートに

ナラ カミーチェは、美しいシルエットと多様なデザインで、多くの女性の支持を得ています。1988年に「シャツ・ブラウスのオンリーワンショップ」として日本で発売を開始し、独自の地位を確立。母と娘の2世代でのファンも少なくありません。

ナラ カミーチェ最大の特長は、豊富なデザインとカラーバリエーション。さらなる魅力は美しいシルエットで、立体的なパターンを採用し、女性ならではの丸みのある身体に心地よくフィットし、ボディーラインをより魅力的に演出します。

TPOに合わせ、生活のあらゆるシーンで活躍するシャツ・ブラウスを提案。女性の活躍をサポートし、「ナラ カミーチェを着ると自分に自信が持てる」と言われるブランドに成長しています。

着る人を美しく見せるデザインもナラ カミーチェの大きな魅力

上質な暮らしを彩るフェイラー

フェイラーは、45年前に日本に上陸し、全国の百貨店で販売され、2015年には銀座に旗艦店「フェイラー銀座本店」をオープンしました。黒地に鮮やかな花柄は、誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。

フェイラーが完成させたシュニール織は、厳選された原綿を用い、熟練した職人がいくつもの工程を経て織り上げられており、使えば使うほど肌になじむ、厚みのあるソフトな質感です。美しいデザインと、ドイツの伝統工芸織物シュニール織を用いた丈夫で長持ちする上質さから、家族の歴史に寄り添い、受け継がれるライフスタイルブランドであるとともに、大切な方への心を込めた贈り物として、世代を越え、時代を越えて愛され続けています。

15年からは、さらに幅広い世代のお客さまに親しんでもらうために、柔らかい色使いや遊び心溢れるデザインの商品を中心としたフェイラーのギフトショップ「ラブラリー バイ フェイラー」を東京・大阪のファッションビルや東京駅エキナカにオープン。母、娘、孫の三世代で楽しむブランドとして認知が広がっています。

フェイラーのニューライン「ラブラリー バイ フェイラー」

女性の毎日にHAPPINESSを

2017年現在、ナラ カミーチェは日本で65店舗、台湾で15店舗、シンガポール1店舗を展開しています。フェイラーも日本での取り扱いは100店舗を超え、ハンカチやバッグのほか、インテリアやベビーアイテムなどの豊富な品揃えを用意しています。両ブランドとも、製品への信頼や女性の就業率の高まりを背景に、女性の毎日にHAPPINESSをお届けします。

また、主要販路である百貨店に加えて、直営店やファッションビル、オンラインショップのほか、ショップチャンネルなどのテレビ通販、アウトレットモールへの出店など、お客さまの利便性に合わせて販売チャネルを拡大しています。

両ブランドの優れた感性、モノづくりへのこだわり、そして日本で築いてきた実績。これらに、住友商事が世界に持つネットワークを合わせることで、さらに大きなブランドへと育て、「お客さまに信頼され愛される商品・サービスを提供することを通じて、お客さまのライフスタイルにHAPPINESSをお届けする」という経営理念を実現していきます。

インターネット販売も開始し、販売チャネルの拡大を進めている

関連タグ

  • メディア・生活関連事業部門
  • 日本
  • 小売・サービス

最近よく見られている事業紹介

ページの先頭へ