このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

海外展開と幅広い商品開発で販路を拡大するスミテックス・インターナショナル

2017年3月更新

「開発力」と「ネットワーク」を強みに

国内外の有名アパレル企業や、スーツや子供服などを扱う国内外の小売企業に向け、繊維製品を大規模に生産・販売するスミテックス・インターナショナル(以下、スミテックス)。住友商事100パーセント出資の同社は、「原料から製品まで」の一貫体制を敷き、自らが素材調達・商品デザインを行い、住友商事グループのグローバルネットワークを生かした海外生産を行える点が大きな強みです。専門スタッフによる徹底した品質管理を実施するなど、クオリティーを常に一定に保つことができるシステム構築が、ブランドを損ねることのない安定的な製品づくりにつながっています。

2007年に住商テキスタイルとスミテックスが合併・統合して発足

価値と価格が両立したベトナムでの生産

安定した品質に加え、欠かせないのがローコスト・オペレーション。マーケットから要求されるレベルの品質をローコストで提供するためには、海外生産が欠かせません。スミテックスでは、早くから中国に工場を持ち、海外での生産を行ってきましたが、ベトナムにおいても、他社に先駆け1990年代初頭から生産を開始。チャイナプラスワンの一環として、現地で製造拠点の整備と人材の育成を行ってきました。スミテックスのベトナム主力工場であるサミット・ガーメント・サイゴン(SGS)は、専用縫製ラインで1,400人規模、年間100万枚の生産体制を整え、マーケットの需要に対応しています。

SGSのきめ細やかな品質管理が顧客の支持を得ています

アジア戦略のプラットフォームとして

そして2012年4月、商業ライセンスを保有するベトナム初の日系繊維商社であるスミテックス・ベトナム・リミテッド・ライアビリティー・カンパニー(以下、スミテックスベトナム)を設立し、これにより、繊維製品の生産のみならず、同社が主体となった輸出入およびベトナム国内での販売も可能となりました。また、欧州のブランド向け製品をベトナムで製造し、世界に向けて輸出するなどといったグローバルな展開もベトナム主導でできるようになっています。すでに大きな実績を上げている中国でも、12年に設立した間接連結子会社スミテックス・チャイナで業務の効率化とコスト競争力の強化を図ります。中国とベトナムで培ってきたノウハウを軸に、カンボジアなどの周辺諸国にも生産拠点を広げて大規模にODM(他社ブランド製品の企画・デザイン・生産を手掛ける)を行うことが、スミテックスの目指すアジア戦略の大きな柱です。

ベトナムで作られたアパレル製品が世界中で流通

テーマパークの雑貨も企画から販売まで

スミテックスは、テーマパークのキャラクターグッズや雑貨全般の生産ノウハウも豊富で、テーマパークと共同で企画段階から商品開発を進めるケースもあります。あるテーマパークへは、食品以外のさまざまなキャラクターグッズや雑貨を販売しています。繊維製品の製造・販売にとどまらず、陶器やプラスチックなどバラエティーに富んだ素材を使いこなす技術が幅広い商品ラインナップを生み、新たな商品を次々に生み出す原動力となっています。

現在、取り扱い・販売している商品は8,000品目以上。繊維製品の製造・販売にとどまらず、さまざまな原材料の調達から企画開発、製造、物流に至るまでの総合力を強みとしながら、顧客のコンセプトや価格帯に合わせた提案をしています。

きめ細やかな女性視点での企画提案力が特徴

将来に向け、質の高い成長を目指して

2012年 にベトナム、中国に独立法人を設立したスミテックスは海外拠点の一層の強化を図っています。今後は、海外の独立法人における独自のODM取引を拡大するとともに、中国やベトナム、アジア域内での内販も検討していきます。また、これら海外拠点を生かし、アパレル製品や雑貨の企画・生産や素材・製品の調達、そして、より安全で確かな品質のものをお届けする加工物流機能などを強化し、さらなる事業の拡大を目指していきます。

関連タグ

  • メディア・生活関連事業部門
  • 日本・中国・ベトナム
  • 生活物資
  • 小売・サービス

最近よく見られている事業紹介

ページの先頭へ