このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

調剤併設型ドラッグストアの先駆け「トモズ」

2017年4月更新

時代を先取りして1993年に誕生

自分の健康は自分で守る、セルフメディケーションの時代となりました。そのニーズに応える地域医療の拠点として存在意義が高まっているのが、調剤併設型のドラッグストア。トモズは、その専門性の高さと高品質なサービスによって多くの固定客を持つ、業界トップグループの調剤併設型ドラッグストアです。

創業は1993年。当時、薬局といえば大きな病院の前に軒を並べる“門前薬局”か、家業としての小さな“パパママ薬局”が一般的でした。そうした時代に住友商事は、国民医療費抑制のための医薬分業の流れに着目し、いずれ欧米型のドラッグストアが日本でも主流になると考え、トモズを設立しました。

このように時代の流れを先読みして誕生したトモズ。第1号店は東京目黒区の池尻大橋にオープンしました。オープン初日に持ち込まれた処方箋はわずか1枚きりだったというエピソードが、その先進性を物語ります。以来、首都圏を中心に出店を続け、2016年12月現在で店舗数は151店となっています。

「Tomod's」の名は「Sumitomo」の「tomo」が由来

企業理念を大切に、店舗数を拡大

高い専門性を持つ薬剤師がお客さまの相談に応じ、異なる医療機関からの処方箋を受けることで投薬管理を一元的に行う”かかりつけ薬局”。トモズは日本のドラッグストア業界における”かかりつけ薬局”の先駆け的な存在として、積極的な店舗展開を推進してきました。

しかし、首都圏では駅前・住宅地を問わずどこにでもドラッグストアが存在していることから、都市型の調剤併設型ドラッグストアを展開していくには、M&Aにより良好な立地を手早く押さえていく必要があると判断しました。そこで2001年にメディコ、07年にコーエイドラッグ、10年にクスリのカツマタと、首都圏を中心に展開するドラッグストアを続けて買収。店舗数を増やし、カバーエリアを拡大してきました。

ただし、決して店舗数だけを追い求めてきたわけではありません。基本にあるのは、「『医療の一端を支える小売業』として、信用を重んじ、お客様の健康で豊かな生活に奉仕できるよう、豊富な商品と専門知識を生かし、常に時代の変化に対応したお客様の『かかりつけ薬局』を目指します」という企業理念です。この企業理念にふさわしい相手を見極め、買収後には一体となって、トモズのマインド、姿勢を妥協なく追求してきました。

また、こうした店舗展開の中で特異な存在が1997年に買収したアメリカンファーマシーです。1950年に、在日米国人のお客さまニーズを満たす目的で誕生したドラッグストアであり、独特な品揃えやアメリカンテイストな空間など、開業当時の特徴が、現在も支持されています。出店地も首都圏のターミナルである丸の内、渋谷などの4カ所。各店ともトモズ同様に多くの固定ファンを持っています。

独特な品揃えとアメリカンテイストが人気のアメリカンファーマシー

青トモズの誕生

赤色の「Tomod's」というロゴは、若い女性を中心に多くのお客さまに支持されてきました。しかし、郊外の大型店舗やオフィス型の店舗などが増え、また、調剤が大きく成長したことから、高齢者や男性も多く来店するようになりました。そこで、2012年にロゴの色を中性的なミッドナイトブルーに変更しました。併せて、幅広いニーズに応えられるように食品などの利便性を重視した商品を増やし、売り場のゾーン分けを誰もが分かりやすいよう見直しました。これにより、性別や年齢に関係なく、今まで以上に幅広い層が来店しやすいトモズへと生まれ変わりました。現在、新店舗やリニューアル店舗は、青トモズとして続々とオープンしています。
時代や市場の変化に適応しながら、引き続き「トモズ」らしい店舗展開を進めていきます。

ミッドナイトブルーに生まれ変わったトモズ

新しい事業の開始と海外への取り組み

2012年10月、まったく新しい形態の事業をスタートしました。それがラゾーナ川崎にオープンしたインクローバーです。インクローバーは国内外の高級化粧品をまとめて扱うセレクトショップです。広い店内には、30を超えるラグジュアリーブランドの化粧品が並び、複数のブランドをお客さまが自分のペースでセレクトできることが大きな特長です。気軽に高級化粧品に触れていただけるような、より良い店舗づくりを目指しています。

さらに、2012年12月には、台湾の大手企業である三商行と合弁会社を設立し、台北市に、海外で初めてトモズをオープン。台湾国内で店舗数を伸ばし、22店舗まで拡大しています(2016年12月現在)。
これまで日本で培った小売流通事業のノウハウを生かし、「明るく見やすくキレイに整然と」というトモズのコンセプトを大切にしつつ、台湾のお客さまからも支持される店づくりを目指します。

高級化粧品セレクトショップのインクローバー

関連タグ

  • メディア・生活関連事業部門
  • 日本
  • 小売・サービス

最近よく見られている事業紹介

ページの先頭へ