このページの本文へ移動

文字サイズ

  • 標準
  • 拡大

湾岸地域の豊かさを支える発電・造水事業

2010年7月掲載

豊かさを背景に急増したニーズに応えて

アラビア半島のペルシア湾岸に日本の約1/4(8万3,600平方キロメートル)の国土を持ち、7つの首長国で構成されるアラブ首長国連邦(UAE)。その約8割の面積を占め、そして最大の人口と収入で連邦をリードしているのが、世界第6位の原油埋蔵量を持つアブダビ首長国です。近年はこの潤沢な資源を背景にした大規模な都市再開発で、人口が急増。さらに、住宅の大型化や電化製品の導入など、人々の生活は一気に豊かさを増しています。

こうした人口増加と生活水準の向上により、電力・水への需要が大きく伸び、電力会社に電気を卸売りする独立系発電事業者(IPP)や独立系発電・造水事業者(IWPP)が数多く参入しています。そのなかで、地域の発展に大きく貢献しているアブダビ有数の発電・造水プラントが、シュワイハットS1(以下S1)です。

首都アブダビの西250kmに位置するシュワイハット地区にあるS1は、送電地域内プラント最大の1,500メガワット*を発電して地域電力の15%を支え、造水は日量45万トンで地域の14%を担っています(2011年度実績)。住友商事は、このS1に2008年9月から経営参画し、安定した事業運営で貢献しています。

*1メガワット=1,000キロワット

アブダビ首長国は1年を通して晴天で、夏は平均気温が35度を超えます

優れた燃料利用効率と管理体制

S1は天然ガス焚き複合火力発電設備と海水淡水化設備を備え、UAE最大(建設当時)の発電・造水プラントとして建設されました。燃料利用効率に優れており、まずは天然ガスを燃料にガスタービンで発電。その排熱を利用して次は蒸気タービンで発電し、さらにその蒸気を利用して造水を行っています。作り出した電気と水は長期買電・買水契約に基づき、すべてがアブダビ水電力公社に買い取られています。

この燃料利用効率と共に高く評価されているのが、整備された管理体制です。これにより、2007年度から連続してイギリス王立災害防止協会(RoSPA)から安全管理に関わる優れた取組みを表彰されています。また、排出する空気、排水、土壌汚染、騒音といった環境への配慮にも徹しており、国際基準に準拠したUAEの厳しい基準もクリアし続けています。

2008年に事業権益を取得したS1プラント

世界で培った知識とノウハウを生かして

アブダビの発電・造水事業は従来、政府主体で進められてきましたが、高まる需要や経済の効率化のために、1990年代より、「電力・水の安定供給」「サービスレベルの向上」「国内・海外投資の導入」など5つの目標を掲げ、民営化を推進してきました。

一方、当社でIPP・IWPP事業を担当するインフラ事業部門は、「基幹インフラの高度化を通じ、社会に貢献する機能集団」をめざし、アジア、ヨーロッパ、米国で数多くの事業を展開。中東湾岸地域でもS1の他、バーレーンのヒッド発電・造水事業、トルコのビレチック水力発電事業等の実績があり、当社は、需要が高まる中東湾岸地域を、安定操業が期待できる有望な地域だと考えております。

バーレーン王国における造水事業として、民営化第1号のヒッド発電造水プロジェクト

トルコのビレチック水力発電所。トルコ国内における民間水力発電所としては最大規模

そのため、S1を事業拡大への足がかりとし、アブダビ政府系投資会社から株式・持分を取得し、事業に参画しました。その後、2011年にはアブダビにおいてリードデヴェロッパーとしてシュワイハットS3発電所(S3) IPP事業案件を受注、またクウェートにおける第一号IPP/IWPP案件であるAz Zour North IWPPプロジェクトにも取組中等、同地域における当社のプレゼンスは年々高まっております。

シュワイハットS3発電所建設現場

IPP・IWPPの推進で各地の「豊かさと夢を実現」

インフラ事業部門では、今後も世界各地で積極的にIPP・IWPP事業を展開していきます。その重要な拠点として、プラントエンジニアリングやプラント運営管理、ファイナンスなどのプロフェッショナルを擁するアブダビオペレーションチームを、2009年6月に設立しました。その後当社100%子会社であるSummit Global Power社を2012年に設立、アブダビオペレーションチームは同社アブダビ支店として、陣容も拡大の上新たなスタートを切りました。アブダビでは、S3の建設が行われるほか、その他の中東湾岸諸国でも著しい人口増加や産業の多角化・工業化振興に伴い、多くのIPP・IWPP事業が計画されています。Summit Global Power社は、世界トップクラスの大きな市場を持つ中東湾岸地域を中心として、アフリカ・ヨーロッパまでを対象に、既存プラントのサポートと新規案件の発掘・フォローを担当します。

こうした取り組みにより、当社では各地域の発展に貢献し、豊かさと夢の実現を目指します。

アブダビオペレーションチームのメンバー。駐在員と現地で活躍する専門家たち

関連タグ

  • 環境・インフラ事業部門
  • アラブ首長国連邦、バーレーン
  • 電力・エネルギー

最近よく見られている事業紹介

ページの先頭へ